金の保管システムと相場からの利益

金の相場での収益ということも重要で、ほとんどが相場の変動からくる利益が金投資の利益だと思いますが、それ以外のリスクのことも考えておかないといけないように思います。金を現物で扱う場合には、保管ということが関わってきます。今ではインターネットですとデータのやり取りで、収益を生むシステムが一般的ですが、現物がある場合には、保管のことも考えないといけなくなります。その場合に気をつけるべきことは、保管などでの金額が会社によって違うということや、会社の信用度の問題も関わってきます。例えば銀行でさえ預金者の保証の上限は1千万円までだったと思いますが、日本ではまず考えられない銀行の破綻でも、その程度のリスクは考えているということです。ですのでやはり金は業者に保管してもらいますので、その業者の経営基盤や信頼性を確認しておくのが必要になります。ほとんどは大丈夫だと思いますが、リスク管理の癖をつけるためにも確認しておく習慣は必要になります。

金の相場と資産での割合

金の投資では、資産運用の一環ということですから、金の相場を見ながらの投資となります。その場合には短期的に見れば投資に失敗したような状況になる場合もあります。相場が変わり購入したら下がってしまうような場合です。先物取引では売りから入ることもできますので、そうとも限りませんが、私達一般人は売りという概念がなかなか理解できないので、たいがい買うことから入ります。購入する場合もそういなりますので、その場合に値段も下がるということです。そのような短期的なリスクもありますので、投資を金だけでする場合には資産の金投資の割合を決めておき、投資をすべきではないかと思います。いずれ上がるとしても精神的なストレスで動転してしまい、その後ますます不味い手を打ってしまうことがあるからです。そのような意味でも分散投資を心がけるのが良いと思います。

金の相場と分散投資での割合

金相場を利用しての長期投資という場合に、大体は分散投資ということになると思いますが、資産のどの位を金に投資するかということも重要うだと思いますが、資産の規模にもよると思います。大きな資産を持っている場合には、僅かな運用でも収益が得られます。例えば1億円で1%の収益では100万円の収益ですが100万円では1万円だけです。同じことをしていても資産の量の違いで、これだけの違いが出るということで、資産が多い富裕層はますます資産が増えていくというのは、何時の時代何処の国でも同じだということになります。そうなると資産が多ければ多めに分散し、資産が少なくなるに従って分散を減らしていくというのが経費などを考えても無難なところだと思います。基本的には金をその中で運用する場合には、多くて20%から少なくて5%ぐらいが現実的ではないかと思います。またそのような癖を付ける意味で分散投資を試してみるのも良いと思います。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*